日本のギャンブル業界は、刑法第23章でギャンブルが禁止されているという時点で、他国とは異なり、ユニークといえるでしょう。ただし、競馬、競艇、政府運営の宝くじ、サッカーベッティングなど、一部の形態のギャンブルは許されています。また最近、東京、横浜、大阪に3つのカジノをオープンする予定である上に、国民的娯楽であるパチンコも容認されています。

競馬

スポーツでいうと、競馬の人気は、パチンコに匹敵するほどです。競馬は、国内で最も人気のある政府公認のギャンブルゲームです。日本中央競馬会(JRA)によって、ほとんどのイベントが運営されており、政府管轄になります。

JRA以外が開催するイベントもありますが、個人ではなく、地方自治体が運営しています。ただし、これらのレースは、特に透明性が高い訳ではありません。ですので、もし競馬でギャンブルをするなら、最もおすすめなのは、JRAが運営する10つの競馬場でのレースです。

宝くじ

宝くじは、各都道府県や大都市で一年中開催されているくじです。一番安い宝くじは、立ったの100円から購入できます。購入するくじには、数字選択式、スクラッチ式などがあり、番号があらかじめ印刷されています。日本の宝くじは、売上の50%が慈善団体または地方行政の資金提供に使われるので、かなり独特といえます。くじの購入場所としては、店舗、宝くじブース、さらにはATMなどがあるため、色んな所から入手できます。

パチンコ

最も日本的なギャンブルゲームを1つ選ぶとしたら、それはパチンコでしょう。西洋人にとっては、ピンボールに似たスロットマシンゲームのように見えるかもしれませんが、私たち日本人からすると、パチンコは文化的意義を持つため、ギャンブルとは見なされません。

政府がパチンコに対して行っている唯一の規制は、パチンコ店オーナーに対する課税です(すべて私営)。外国人はパチンコをすることはできませんし、パチンコをしたとしても、トークンが現金と交換されるため、現金を稼ぐことはできません。その上、金属製のパチンコボールの音は、往々にして窮屈な店やカジノで耳をつんざくような騒音です。

lottery

他に類を見ないようなカジノ

日本では、20世紀初頭に、ギャンブルを規制する最初の法律が可決されて以来、賭博を行うことは違法でした。しかし、何世紀にもわたって、悪名高いヤクザによって、違法カジノが運営されてきました。

ギャンブルは、依然として違法ですが、国会は2015年に、数多くの制限を設けた上で、カジノを含む統合型リゾートの運営を許可する法律を可決しました。つい最近の2020年12月に、カジノライセンスを付与または取り消す権限を持つカジノ管理委員会が設立されました。

Jリーグのサッカーくじ

日本では、サッカーへの賭けも、海外とは異なります。パチンコと同じように、専門ブースでくじを購入するtotoというサッカーくじがあります。ただし、トップクラスの全国的サッカーリーグのみが参加しており、自分でスコアを予測することはできず、サッカーの専門家が予測を提供します。

お気づきかもしれませんが、日本のギャンブルは、世界的に見てもユニークであり、パチンコのような独自のゲームが存在します。競馬、宝くじ、カジノなど、従来のギャンブルゲームももちろんありますが、日本では一般的に賭けが禁止されているため、少しのアレンジが加えられている場合がほとんどです。